加藤の退場は仕方ないということで。
あれは甲府の早いリスタートを褒めたいと思います。それとペナルティエリア外で止めてPKにしなかった加藤も。結果的に無失点ですから。

退場後は何も変えず

加藤が退場してセルヒオを交代させましたが、その分フォーメーションを代えなかったのが疑問です。1.5列目にセルヒオが入っていましたが、交代後は変更することなくポッカリ開いた状態でした。

その後、数分は開いた穴を埋めようとサイドのマルシオと元気、ボランチの啓太が動いてカバーしようとして、むしろ流動的になりチャンスを作ることができていました。その時間帯にランコがゴールネットを揺らしましたが、オフサイドでしたね。

でも、その後は甲府がワイドに攻める様になり、マルシオと元気がサイドの守備に回され、完全に封じ込められていました。ボールが奪えてもマルシオも元気もサイドの低い位置にいますし、前との選手間の距離も離れた状態なので、攻撃への展開が全くできませんでした。きっと甲府のプラン通りなんでしょう。

マルシオと元気に守備をさせるのはもったいないですし、フォーメーション変更やボランチ的な選手を入れて中盤をしっかり作るべきだったと思います。まぁ、この2人に最初から守備をさせる作戦なら仕方ないですけど。

平川のゴールが試合を決めた

後半の甲府は1人退場していることもあって当然相手のペースで支配されてましたが、少ない人数で点が取れたのが良かったです。平川のゴールはラッキーなゴールでしたが、最後までボールに詰めていたのが結果に繋がったと思います。その後はカウンター中心でキープしながら攻めて追加点が取れたので、先制点が決めれたのがこの試合の全てです。

甲府の方シュート数が多く、クロスバー直撃など決定的なシーン作っていたにも関わらず、あのゴールでゲームが決まった様なもので、逆に言えば甲府は不運なゴールで勿体無いゲームをしてしまったかと。

柏木のゴールは誰が見ても素晴らしい物なので何も言いません!