代表戦-柏木はどうだった?※画像はサンスポより

昨年8月に阿部勇樹がイングランドへ行ってから柏木はボランチとして出場していました。1年以上が経ち最近になってボランチとしてのカバーリング能力が上がって来たりと、トップ下の選手からガンバの遠藤的な選手になるのではないかと思っていました。

そんな中、クラブチームではボランチ、代表チームでは久々のトップ下で不慣れだったかもしれません。その辺はザックも頭に入っているはず。

いつもなら、ディフェンスラインからバイタルエリアかけてのポジショニングですが、今回はFWの李と並ぶ様に中に入っている時間も多かったです。
サイド攻撃の時に中に入っても競り合いに勝てないので、そこは岡崎と香川にまかせて外でこぼれ球を狙っていた方が良かったかもしれません。

それに、相手が守備的にきてバイタルエリアも固められれば、走りの柏木もスペースもなくなって難しかったでしょう。浦和でもよくあるパターンです。

でも、カウンターの時に潰れながらタメたり、李への決定的なシーン作る神パスなど良かった点はありました。セットプレイのキック精度も良かったです。

右足で打った2本のシュートは宇宙開発になってしまいましたが、クラブではドフリーでも逆足のシュートは打たないので、大きな進歩だと思います。

柏木のコメント

「本田君みたいなことはできない。周りに合わせるコンビネーションに自信はあったけれど…。足りない部分があり過ぎる」

まぁ、本田とは全くタイプが違うので、求められることも違うと思うんですけどね…

で、Twitterではこんなツイートは100RTを超えていました。
[blackbirdpie url="https://twitter.com/#!/ato_UR/status/109646957043138562"]