山形戦

早い時間から失点して、山形は完全に降格圏チームの闘い方で守備を固めてきてました。

山形の守備はラインをキープして中盤を空けなかったので、浦和の選手は前を向くことができませんでした。

おそらく今の浦和の攻撃パターンはドリブルしかなので、前を向かせなければ怖くないということなのでしょう。

でも、いくらなんでも、山形相手に何もできないのはおかしいです。
ポゼッションしてても点が取れないのがフィンケサッカーの象徴でしたが、まだ去年までの方がましだと思える内容でした。

大宮戦

ランコがスタメンから外れ、高崎がベンチ外。FWが不在のまま、セルヒオがセンターFWに入りました。

やはりFWがいないこともあって走りとパスで攻めようとしてましたが、普段やってないと難しいわけです。

でも、積極的にセルが走ったり、縦パスにチャレンジしようとしてるのは感心しました。

普段、大宮のサッカーは見ないので分かりませんが、大宮の攻撃時はサイドバックがワイドの高い位置に開いて、ボランチも1人残して上がる感じでした。

試合の主導権は大宮が持っていて、深い位置まで入られましたが、攻撃に人数をかけている割には点が入らなくて非常に助かりました。

浦和としてはカウンターで狙えるチャンスが多かったに、活かせなかったのが残念です。

得点シーンを見てみれば、1点目のPKは相手のパスをカットしてできたシーンで、2点目はロングパス。ゴールシーンだけを切っとってみたら、理想のペトロサッカーなんですよね。

こういう試合内容とゴールシーンが一致しない試合もあるわけです。