ガンバ戦の前半は「プレスを早く仕掛け、素早く攻める」というペトロヴィッチが理想にしていたサッカーができていました。

あまりにも立ち上がりから頑張るので試合終了まで体力が持つのか疑問に思ったぐらいです。

ガンバはラインを保ち、あまりズルズル下がらなかったのでミドルシュートを中心になってしまいましたが、素早く攻めて前が見えたらシュートを打つことができていました。

ただ、今回はある程度ポゼッションをしてくるガンバだったので通用しましたが、今後にカウンターサッカーを主体とするチーム相手だと難しいかもしれません。
(ある程度攻めてくるチームに対してのカウンターサッカーはフィンケ時代から得意なので)

あと、原口を入れてまた「サイドで1対1対の場面を作る」とか言い始めて、ウィングを置いて個人技頼みサッカーになってしまいそうで怖いです。

ここ2試合はランコとセルヒオの2トップが良い感じになっているので、これに原口を入れてどういう風にするのか、また山田直輝が今回は出場停止だったので今後の中盤のポジション争いが楽しみです。

でも、この後リーグ戦という現実があるので喜んでいる場合じゃないですね。