シュートで終わればカウンターくらわずに済むんじゃね?
(いや、みんな気づいてるか)

攻撃に時間がかかるほど、攻撃に参加する人数が多くなって
そこで奪われて、玉砕するのが浦和のお得意なパターン。

だから、きっちりとシュートに持ち込めば、ある程度のカウンターは防げる。

無理やりでもいいから、宇宙開発でもいいから
シュートに持っていってほしい。

と、いうことを最近おもいました。

ボールを持たされてるのだから、攻撃にかかる人数は多くなって、
パスが周るのはあたりまえ。

問題はその先。ペナルティエリアまではいれるかどうか。そしてゴールまでいけるかどうか。

ボールを持てされてるのはチャンスと考えるべきなのか。

それとも、相手の作戦にはまっていると考えるべきなのか。

・・・

と、サッカー未経験者がほざいてます。

フィンケ監督のコメントで興味深いものがあったので引用します。

Jリーグ第15節前日 フィンケ監督

http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=4934より一部選抜

「チームとしての目標が2部に落ちないこととか、とても小さなクラブで中位にいることができれば素晴らしい結果だと評価を得られるようなクラブだったら、
守備的ないわゆるカウンターを狙うようなサッカーでも正しいのかもしれません。」

つまり、雑魚はリアクションサッカーしてろってことだね。

それにしても、HTMLで打つのはつかれるな。