ニート一家と真ん中わかんない
第9節 浦和レッズ0-2(前半0-0)横浜F・マリノス

木村和司コメント
「前半はかなり押し込まれたが、それは狙い通りで、ブロックを作っていけば中に入ってこれないという分析があったので、前半はしのいで、後半に疲れたところで仕掛ける、セットプレーも1つの手だった。最後のダメ押しも狙い通りだった。」

前半の横浜は中盤の4人がフラットになって、浦和の薄い中盤を完全に封じてました。まぁ、過去の試合を見れば守られた相手を突破できないのは誰でもわかる通りです。

一方、浦和は仙台戦の反省からロングボールを使わずに、細かいパスで木村監督が言うその「ブロック」を突破しようとしました。しかし、決定的なチャンスまで至りません。

後半の横浜は攻めてくるようになり、裏も狙ってくるようになりました。木村監督の狙い通りの戦術だったんでしょう。そして、セットプレイからの失点。ガチガチに守られ、終了という感じです。

横浜の後半は攻めにきていたので、あまり守られた中でやられた印象はないです。前半のうちに失点ならわかりますが。

ただ、神戸・仙台・横浜戦とセットプレーでやられている分、こっちだってセットプレーで決めれるはずなのに決めれないのはどうなんでしょう。今日のコーナーキックの数は浦和が9本に対し横浜1本のみですから。