最近流りの4-2-3-1

ここ数年、サッカー界で流行しているのが4-2-3-1です。フィンケ監督も起用し、ここ2年はこのフォーメーションでやってきました。確かにピッチ全体に広がりながらポジションをとるので効率がよいです。

でも効率が良いがゆえにポジションが固定的になってきているような気がします。フィンケ時代のサッカーも他チームのサッカー、日本代表も同様です。(今後ザックは3-4-3に変えようとしてますが。)

4-4-2

逆に鹿島式4-4-2は選手間のポジションの均等性がない分、スペースを埋めようと流動的になります。流動的になることで相手のデフェンスを惑わさせられます。

ただ、その4-4-2はフォワードと2列目の選手ポジショニングが難しいのが事実です。だから、今は4-2-3-1が流行ってるなんでしょうけど。

きっと鹿島が強かったのは流動的にサイドに走ったり、追い越したりしていたからなんでしょう。

鹿島戦では2失点してから4-2-2-2になりました。結構、Twitterを見ていてこのフォーメーションの方が良いって意見が多かったです。まぁ、2点入ったからなんでしょうけど。

でも、これは失点後の緊急処置なので、長くは続くはずがないのは誰でもわかります。FWの選手ばかりで、原口とマゾーラはサイドに張りっぱなし。FWだらけで中盤がガラ空きですからね。

ボランチは2人いたほうが良い

ここ2試合の浦和のボランチは啓太のみのワンボランチです。セレッソ戦は相手のフォーメーションを考慮した上での作戦だったと監督がコメントをしてましたが、そのまま今節鹿島戦でも起用しました。

やはり啓太の負担が高くなりました。前半の失点もバイタルエリアでミドルシュートを打たれて跳ね返ったボールを取られたからのゴールでした。

ボランチを1人にするのはやっぱキツイです。柏木は低めに入ってボールコントロールして視野の広いパスを出す方が得意ですし、マルシオは守備的になる時間が長かったので、ちょっともったいないです。

ボールが回らない原因

GGRで水内がスピラノビッチのバックパスについて指摘をしてましたが、本来ならボランチが貰いに行かなければならないはずです。パスの出しとこがなくて、スピラは逃げのバックパスやロングパスになってしまうのが事実です。

啓太は最終ラインで回している時やそういった時にカバーリングする能力に優れているはずなんですけね。やっぱ1人じゃキツイのと、啓太のパフォーマンスが落ちていることが影響しています。

で、鹿島戦の後半は柏木をボランチの位置に下げ、ボランチを2人にしました。サイドバックの負担が少なくなり、峻希・宇賀神も上がりやすくなったはずです。それに柏木がボールを触れるようになりパスも前半に比べれば回りやすくなりました。

ただ、中をどフリーにして2点目の失点してしまったことで、高崎を投入して緊急処置に至りました。

その緊急処置のサッカーで2点入ったことで、いままでやっていたサッカーが否定されるようにも考えられます。ちょっと今後が心配ですね。

鹿島戦スタメン
↑スタメン
鹿島戦の後半開始時
↑後半開始時(柏木をポランチして4-2-3-1)
鹿島戦の2失点後
↑2失点後(高崎を投入)

4-2-3-1の解説はこちらでどうぞ。