ユニフォームのデカ旗
↑ユニフォームのデカ旗(ボーダフォン)

「非常に悪い内容の試合だった」ペトロヴィッチ(浦和公式)より引用

(前半に坪井を代えた狙いは?)
「早い段階で追いつくために、攻撃の選手を前に置きたかった、前からのプレスもかけたかった、そういう意図で早い段階で交代をしました。そしてエジミウソンの近くに選手を置くことによって、彼を助けられると思いましたが、結果は良くなかったです」

前半のうちに選手交代をしてゼリコは決断が早いなって思いました。ただ、その決断が「結果が良くなかった」と言うように当たらなかったのは残念です。

世の中には決断の速さが求められる事がありますが、評価されるのは当たった場合のみなんですよね。その決断が当たらなかったとなると、速さだけでなく正確性が求められます。それはサッカーだけの事じゃなくて、震災後の政府や企業の決断と一緒で自分にも当てはまることです。

こうしてサッカーを見ていても、別の分野に発展できるので考えさせられることが多いです。

で、トップ下にエジミウソンの近くに置くなら柏木じゃダメだったんですかね?

広島戦から4-3-3に戻りましたので、サイド寄りのフォーメーションにして中が孤立するから原を投入したと僕は解釈してみます。特にエジがサイドに流れた時に中がいなくなりますし、高さのある選手は必要ですから。

広島戦で良いプレーをした選手たちをほとんど代えずに、出場停止のスピラノビッチの代わりに坪井が入っただけで、ここまで大きな差が出るとは思っていませんでした。

「前節と変わったところはスピラノビッチの代わりに坪井が入っただけだった」ということを言いたかったのでしょうけど、これだと坪井批判しているようにも聞こえてしまいますね。まぁ、監督がそんなことは言わないと思うので、通訳ミスとかですかね?

清水はリードしていてもラインは高くて広島ほど守備は固くなかった(梅崎がゴール前でフリーになれるほど)
にもかかわらず、1点しか取れなかったのは残念です。