前半はロングボールが多くてどうなるかと思いました。おそらく達也とマゾーラの足の早い2人をFWにしてロングボールで攻めようという作戦だったのでしょう。

押されていたこともあり中盤でじっくり回せる時間帯は少なかったですし、直輝もかなり低い位置にいました。マルシオに対しての相手の当たりも強く、あまり見せ場はなかったです。

でも後半に動くパスサッカーに転換して先制できたことが勝敗を分けました。啓太がパスを出してゴール前に走るなんてフィンケ時代にもなかった事ですから、本当にびっくりです。

マゾーラは心配でしたがチームプレーに走ってくれて良かったです。いい意味で裏切られました。

要はマゾーラの周りにパスコースを作っておけばパスは出せるんですよ。

今回は相手が最下位の福岡ですから勝って当然なので、次がどうなるかです。特に前半と後半のサッカーが違いすぎるので、どのような戦い方をするのか注目です。