アメリカの立ち上がりは前線からのプレス積極的に仕掛けて、素早いカウンターで攻めていく感じでした。しかも足もシュートも速いし…

なんか某GMコメントで「ボールを取ったらゴールに向かって積極的に速く攻める」ってコメントがありましたが、某GMの理想はアメリカのサッカー何でしょうね。

後半も攻め切れずにカウンター1本でやられてしまいましたが、1点取れたことでアメリカにスキが出てくるようになりました。本当に諦めずに詰めるのは大事ですよね。宮間のゴールはそんなことを教わったような気がします。

延長に入って失点してしまいましたが、あのコーナーの澤のニアはマジですごい!澤は本当にすごいですよボランチなのに得点王なんですから。

こんな面白い試合は久々に見た気がします。